Blog

🌌EKクロススペース新登場!!🌌

新しいクロスはもっと快適にもっとアクティブに!

皆さんこんにちは!

本日はついに発売開始になったEKクロススペースのご紹介です❁

 

かさばる荷物もラクに積載。大開口ラゲッジルーム

  • 間口が大きく、開口部の地上高も低いから、高さのある荷物や重い荷物の積み下ろしもラクに行えます。
    • 寸法線の位置は参考です。
    • 計測する位置によって数値は異なります。
    • 社内測定値

軽スーパーハイトワゴンクラス 後席スライド量No.1*1
乗る人や荷物に合わせて、空間を自在にアレンジ。後席ロングスライド

  • 後席は約320mmものスライド量を実現。荷物が多いときは、後席を前方にスライドさせれば荷室が広がり、アウトドア用品など荷物をたくさん載せられます。また、後席を後方にスライドすると後席の足元はさらに広々。ゆったりくつろぎながら、ドライブを満喫できます。
    • *1軽スーパーハイトワゴンクラス=全高1700㎜以上かつ、エンジンをボンネット内に配置した軽自動車。2020年2月自社調べ。
    • 社内測定値

使い勝手が広がると、趣味の世界も広がる。多彩なシートアレンジ

  • 後席のレバーを操作するだけで簡単に荷室がさらに広がります。クーラーボックスなど、かさばるキャンプ道具も余裕で積載。
  • 後席片側シートを倒せば、3人乗車時でもカーペットやDIYで使う木材などの長尺物も積載できます。

前後席間の移動を可能に。フロントセパレートシート(センターアームレストレス)【メーカーオプション】G、T

  • 運転席と助手席を独立させたフロントセパレートシートを設定しました。前席と後席の間を移動するのに便利です。助手席の肩口には、助手席シートを簡単に前に倒せるレバーも装備しました。

濡れたアウトドア用品も積載可能。樹脂ラゲッジボード&PVC後席シートバック【メーカーオプション】G、T

  • 標準装備の撥水シート生地に加え、樹脂仕様のラゲッジボードとPVC仕様の後席シートバックを設定。濡れたり、泥のついたアウトドア用品なども、気にせず積むことができます。

    PVC : 塩化ビニール

洗車グッズなどをきれいに収納。ラゲッジアンダーボックス

  • ラゲッジルーム下の空間を収納スペースとして有効活用。工具類や洗車グッズなどを整理して積んでおけます。
    • 2WDと4WDでは容量が異なります。

その席に座る人が使いやすいこと。多彩な収納&便利装備

  • アッパーオープントレイ(助手席側)

  • アッパーオープントレイ(センター)

  • アッパーグローブボックス(引き出し式 / 助手席側)

  • ロアグローブボックス(助手席側)

  • センタートレイ(引き出し式&カップホルダー付)

  • 助手席シートアンダートレイ(車検証入れ付)

  • 助手席シートバックテーブル(コンビニエントフック付)(G、Tにパッケージメーカーオプション)

  • フロントシートバックポケット下側(助手席) / 充電用USBポート(助手席シートバック)

お洒落なツートンカラー、シンプルで恰好良いモノトーン…迷ってしまいますね₆(^^;)

カタログ等、気になる点ございましたらお気軽にお問い合わせください!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

最新のお知らせ

youtube
youtube
LINEスタンプ公開中!

検索